BLOG(国税徴収法)

韓国の政務当局の要請を受け関東信越国税局がJリーグ2選手から滞納分徴収!

2022年01月24日(月)

時事通信によると、関東信越国税局がサッカーJリーグに所属していた外国人選手2人から、来日前に韓国で滞納した税金計約3,000万円を徴収していたことが、先日、関係者への取材で分かったようです。

韓国の税務当局から要請があり、関東信越国税局は、2021年1月までに徴収を終え、送金したようです。

関係者によると、2人はブラジル出身で、2017年~2020年にそれぞれ関東信越国税局管内にあるJリーグのチームに所属し、その後退団しました。

韓国プロリーグ在籍時に税金を滞納したようですが、韓国の税務当局が徴収しようとした際にはJリーグに移籍しており、韓国国内に差し押さえる資産はなかったそうです。

こういうケースを目にしたことがありませんが、実際にやっているんですね。
滞納が意図的なのかどうかは分かりませんが、当然、逆のケースもあるのではないかと推測されますので、そういうケースがあればきちんと徴収してほしいですね。
また、こういうことがあると、サッカー選手というより、人間としてモラルとかコンプライアンスの問題ですので、契約する側の印象は悪くなるでしょうね。
プロスポーツ団体が、きちんとその辺りの教育をしないといけないとは思いますが。

韓国の政務当局の要請を受け関東信越国税局がJリーグ2選手から滞納分徴収したことについて、どう思われましたか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください