事務所通信

事務所通信2019年9月

事務所通信

2019年9月号『四国でいちばん大切にしたい会社大賞!』

 先日、『四国でいちばん大切にしたい会社大賞』を受賞されている2社の訪問の機会があったので、行ってきました。

 ともに徳島県ですが、ブライダル業の徳島市の株式会社ときわと注文住宅・リフォーム業の板野郡の株式会社はなおかです。

 そこで今回は、『四国でいちばん大切にしたい会社大賞!』について、書きたいと思います。

 

1.『日本でいちばん大切にしたい会社大賞』

 『日本でいちばん大切にしたい会社大賞』とは、法政大学の坂本教授(当時)が始めた顕彰制度です。

 「人を幸せにする経営」は、言葉にすることは簡単ですが、実践するのはとても難しいことですが、本賞における「人」とは、①従業員とその家族、②外注先・仕入先、③顧客、④地域社会、⑤株主の5者を指します。

 人を幸せにしていれば結果的に業績も上がるはずであり、そのような大切な会社を1社でも増やしたいという思いでこの顕彰制度がスタートしたのです。

 応募資格は、以下のとおりです。

 過去5年以上にわたって、以下の6つの条件にすべてに該当していること

希望退職者の募集など人員整理(リストラ)をしていない

仕入先や協力企業に対し一方的なコストダウン等していない

重大な労働災害等を発生させていない

障がい者雇用は法定雇用率以上である

1.常勤雇用45.5人以下の企業で障がい者を雇用していない場合は、障がい者就労施設等からの物品やサービス購入等、雇用に準ずる取り組みがあること

2.本人の希望等で、障がい者手帳の発行を受けていない場合は実質で判断する

営業利益・経常利益ともに黒字(除くNPO法人・社会福祉法人・教育機関等)である

下請代金支払い遅延防止法など法令違反をしていない

 この四国バーションが、『四国でいちばん大切にしたい会社大賞』です。

2.中小企業が陥る5つの言い訳

 行きのバスの中で、コーディネーターの方が、『中小企業が陥る5つの言い訳』を言っていました。

景気や政策が悪い

業種・業態が悪い

規模が小さい

立地が悪い

大企業・大型店が悪い

 この2社は、これらを克服しています。

3.最後に

 僕自身、経営者ですし、クライアントから色々な質問をされる立場にありますので、今回の訪問は大変勉強になりました。

 僕が以前から思っていたS&Pの格付けを株式会社はなおかは取得していました。

 業界は違っても参考になることは多いですので、こういったものに参加するのは良いことだと思いますね。

2019年9月30日 國村 年

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)