事務所通信

事務所通信2019年7月

事務所通信

2019年7月号『定番!』

 日経ビジネスの記事に『定番』に関するものがありました。

 この記事では、日清食品の『カップヌードル』と大塚製薬の『ポカリスエット』が取り上げられていたのですが、『カップヌードル』が発売されたのは、僕が生まれた年である1971年ということもあり、非常に興味深く読みました。

 そこで今回は、『定番!』について、書きたいと思います。

1.『定番』とは?

 企業の命運をも左右する『定番』ですが、商品やサービスの売上高や利益は時間の経過とともに変わります。

 プロダクトライフサイクル(PLC)と呼ばれ、阿部誠東京大学教授によると、市場に投入する「導入期」、拡大する「成長期」、頭打ちになる「成熟期」、終売に向かう「衰退期」の順に移行します。

 阿部教授は、「商品自体やバリエーション、価格、流通、プロモーションなどを変えてPLCに打ち勝ち、長く生存する商品が定番」と定義しています。

 また、商品コンサルタントの梅澤伸嘉氏は、「定番はロングセラーとして各カテゴリーの代名詞になるもの」と定義しています。

2.1971年に生まれたもの

 僕は1971年生まれですので、この年に生まれ、現在もなお続いているものを調べてみました。

カップヌードル(日清食品)

サッポロ一番ソースやきそば(サンヨー食品)

小枝チョコレート(森永製菓)

チェルシー(明治製菓)

リッツ(ヤマザキ・ナビスコ)

キャラメルコーン(東鳩)

明治ブルガリアヨーグルト(明治乳業)

マジックリン(花王石鹸)

マクドナルド(日本第1号店出店)

仮面ライダー(放映開始)

non-no(創刊)

プリンスホテル(設立)

 これらを見てみると、定番になっているものは結構ありますね。

 これらを僕の子供たちが、食べたり、見たりしているので、定番ってスゴイなぁと思います。

 『カップヌードル』については、数年前に、大阪府池田市の『カップヌードルミュージアム』に行ってオリジナルの『カップヌードル』を作りましたが、大人気です。

 やはり、体験型などでファンを増やすということは大事なのでしょうね。

 それ以外にも、子どものお菓子をスーパーマーケットやドラッグストアなどで見ていると、僕が小さい頃に食べていたもの、大人になってからも食べていたものを、結構子ども用にノンフライにするなどして売っているのですが、名前や味を知っているだけに、手に取りやすいんですよね。

3.最後に

 僕自身も、定番となるようなサービスを生み出せないか日々考えています。

 皆様方も、定番は経営に有利に働きますので、定番を生み出すこと、育てることを考えてみてはいかがですか?

2019年7月30日 國村 年

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)